どちらがお得!個人開業と法人開業のメリット・デメリット

個人開業の特徴を知る

自営業で活躍している人は多く存在しますが、いざ開業となると個人開業にするべきか、法人開業にするかで悩んでしまう人も少なくありません。事業の規模がまだ小さい場合や初めての開業なら、まずは個人開業に注目してみましょう。 まず個人事業主の場合は会社ではありませんので、会社名を名乗ることはできませんが、屋号をつけることができます。そして、個人と名前がついているものの、ひとりで事業を行わなくてはいけないのではなく従業員を雇うことも可能です。個人開業のメリットは、開業の手続きが簡単であることがあげられます。手続きは税務署に開業届を出すだけで特別な費用も発生しません。ある程度の収入がないと開業できないというイメージもありますが、個人事業の年間所得が38万円を超えると確定申告が必要ですので収入が低い人も開業できます。開業すると青色申告ができるようになり最大で65万円の所得控除が受けられるのもメリットです。

法人開業の特徴を知る

個人開業は比較的簡単で費用も掛かりませんが、会社に比べて信頼性が低くなる、赤字の繰り越しが3年までなど税制の面では法人にはかなわないものがあります。法人開業をするとより社会的信用度も高まり、税金の面でも有利になることがメリットです。法人開業のデメリットとしては、個人開業に比べて開業手続きに手間と費用が掛かるということがあげられます。会社を作るとなると定款の作成や登記も必要となりますので、それだけでも20万円程度のお金は必要ですし、資本金も用意することになります。さらに社会保険への加入が義務付けられることも知っておきたいところです。個人開業と法人開業ではいずれもメリットもあればデメリットもありますので、じっくりと比較して最適な方法を選びましょう。