入出金記録を管理!屋号入り銀行口座の開設

屋号入り口座のメリットとは?

自営業を始めるためには様々な準備が必要になります。その中でもぜひやっておきたいのが屋号入りの銀行口座の開設です。個人の銀行口座があるのでそれでいいやと思う方もいるかもしれませんが、屋号入りの銀行口座にはいくつかメリットがあるので用意しておいたほうが良いでしょう。 どのようなメリットがあるかというと、まずは確定申告の際に役立ちます。確定申告では仕事に使った経費や収入を申告する必要がありますが、個人用の口座と一緒の場合ですと仕分けするのが面倒です。仕事用にしか使わない口座ですとその手間が省けスピーディーな申告に役立ちます。もう一つのメリットは信頼性です。自営業を行っているとお客や取引先相手に振込先として自分の銀行口座を提示する場合があります。その際に個人名の口座よりも屋号の入った口座のほうがきっちりとした商売をしていると思われやすいです。

屋号入り口座の開設方法

屋号入りの銀行口座を開設できる金融機関は、大手の銀行や有名ネットバンクを選ぶと問題なくできます。地方銀行などでも開設できる場合があるのでそちらを選ぶ際には事前の確認が必要になります。必要書類などは普通の口座開設に必要なもののほかに、開業届が必要になります。他には屋号を実際に使っているかどうかを確認するための資料もいります。これは税金の納税証明書や社会保険料の領収書などの公的な機関が発行したものか、事務所や店舗を契約した際の賃貸契約書が必要です。必要書類を集めて手続きを行ってもその日に口座を開くことはできません。金融機関が手続きに不備がないかを確認する必要があるので一週間程度はかかると思ったほうが良いでしょう。